資料求

資料請求

お問合せ

お問合せ

これが私の物語

『夢を発表』

お花屋さん、ケーキ屋さん、照れくさそうに夢を発表する子どもたちに続き、スーツ姿のたくさんの大人たちが見守る舞台の上で、6歳の女の子は宣言でもするかのように堂々と言った。
「誰かの支えになりたい」

顔を見合わせる大人たち。会場が少しざわついた。祖母の世話をする母親の姿を見ていた少女にとって、誰かを支える姿は馴染みがあるものだった。

おばあちゃん子でもあった少女の夢はやがて目標へと変わっていく。