人間健康福祉学部 健康スポーツ学科

学部・学科案内

心と身体の健康を守る
プロフェッショナルになる

少子高齢化が進むなか、老若男女を問わず多くの人々が高ストレスにさらされている現代社会。すべての人が毎日幸せに、豊かに暮らすために「いかに健康を維持するか」が重要なテーマとなっています。本学では現代社会から求められている「心」と「身体」の健康づくりを担うため、必要な知識や技術を習得し、資格取得を目指します。将来は教育者や指導者として、人々の健康を守り、幸せな暮らしを全力で支えます。
  1. 学習ポイント

    健康づくりに関する指導者を養成

    健康増進産業はもちろん、運動型健康増進施設や自治体、福祉施設など、幅広い分野で求められている人材を養成し、健康的で豊かな社会の実現に貢献します。

  2. 学習ポイント

    学内に生涯学習の拠点を設置

    講義フロアやフィットネス・スタジオを併設した、ヘルスポロモーションセンター〈サルーテ〉は、地域に開かれた生涯学習の拠点として、地域コミュニティの形成にも役立っています。

  3. 学習ポイント

    中学校・高等学校の保健体育教員を養成

    健康を維持・増進するための指導方法やスポーツ科学、体育学に関する幅広い知識を習得し、将来学校教育の現場で教育者として活躍できる人材を育成します。

「健康に生きること」それは時代のキーワード

健康スポーツ学科では、社会の中で、健康・スポーツが担う役割の教育と研究を行います。
学科の基礎学問である社会学の分野では、健康と社会の関係について多面的に追求する教授内容を中心とし、「健康スポーツ学」の分野では、幼児から高齢者までの幅広い年代の人々の健康をスポーツを通じてサポートする能力を培う内容を学びます。

健康的な社会づくりに貢献できる人を育てます

健康スポーツ学科では、スポーツの社会・経済的な価値や機能、社会的効果などを社会学的な手法で解明しスポーツビジネスやスポーツの振興などの分野で活躍できる人、運動やスポーツの各種指導論を学び、将来、ヘルスプロモーションや健康教育に従事できる人を育てます。

大学が心と体の健康づくりの拠点になる!

学内に設置されたヘルスプロモーションセンター「サルーテ」には、最新のトレーニング器具が多数備わっています。この「サルーテ」では、授業で習得した知識をもとに実際の健康指導について学習することができます。また、サッカーなどの競技のための多目的グラウンドが大学に併設されています。
PAGETOP