資料求

資料請求

お問合せ

お問合せ

これが私の物語

『湧き水のように』

遊んで帰った時に、服がどんなに泥だらけでも、勉強の成績が思わしくなかった時も、父親も、母親も、細かいことは言わずに、ただ笑って見守ってくれた。思い返してみても、細かいことで叱られた記憶はほぼない。友だちと喧嘩した時や、乱暴な言葉を口にした時に、ひと言だけ、いつも諭すように言われ続けた。
「人を思いやる心を持ちなさい」

電車に乗った時も、学校にいる時も、友だちと遊ぶ時も、どんな時だって、周りの人たちの気持ちになって考える癖が身についていた。彼の周りには、いつも笑い声があふれ、みんな優しい顔をした人たちばかりだ。親から言われ続けた言葉は、山に降った雨が、地中を潤すように、彼の隅々まで染み渡り、いつしか彼の人格そのものになっていた。ここで学び始めてから、先生や同級生たちから、「いつも思いやりがあって、優しいね」と言われる。

自分を育ててくれたその言葉で、新しい世の中をつくってみたい。
いつも、みんなが笑顔でいられる、思いやりで溢れる世界を。

彼の中にたっぷりと染み込んだ「人を思いやる心」が、湧き水のように溢れてくる。それは、熱い想いとなって、まっすぐに彼を未来へと導いていく。