組織・教員一覧

大学案内

二宮 寿美

Ninomiya Sumi

人間健康福祉学部 看護学科 講師

印刷する

プロフィール

自己紹介・学生へのメッセージ

主な専門は在宅看護論です。フィールドワークとして「老々介護」に着目し、高齢介護者のメンタルヘルスについて研究に取り組んできました。学生のみなさんとは、在宅における療養者とその家族の健康と生活支援について、一緒に考えていけたらと思います。

担当科目

  • 在宅看護論Ⅰ
  • 在宅看護論Ⅱ(方法論)
  • 在宅看護論Ⅲ(技術演習)
  • 在宅看護論実習
  • リハビリテーション論
  • 家族看護学
  • 健康・療養支援実習
  • 地域連携統合実習

学歴

  • 愛媛県立公衆衛生専門学校看護婦第1科 卒業
  • 厚生省看護研修研究センター看護教員養成課程 修了
  • 愛媛大学医学系研究科修士課程看護学専攻 修了
  • 放送大学教養学部全科履修生 生活と福祉 卒業
  • 広島大学医歯薬保健学研究科博士課程後期保健学専攻 修了

学位

  • 博士(保健学)広島大学

資格

  • 看護師

職歴・研究歴

  • 1990年4月松山赤十字病院看護師(1997年3月迄)
  • 2008年4月宇部フロンティア大学人間健康学部助手(2011年3月迄)
  • 2011年4月宇部フロンティア大学人間健康学部助教(2012年9月迄)
  • 2012年10月宇部フロンティア大学人間健康学部講師(2017年3月迄)
  • 2017年4月聖カタリナ大学人間健康福祉学部非常勤講師(2018年3月迄)
  • 2018年4月聖カタリナ大学人間健康福祉学部看護学科講師(至現在)

所属学会

  • 日本在宅ケア学会 会員
  • 日本看護科学学会 会員
  • 日本看護研究学会 会員
  • 日本認知症ケア学会 会員
  • 日本教育学看護学会 会員
  • 日本産業衛生学会 会員
  • 日本健康心理学会 会員

研究分野

  • 老年・在宅看護学
  • 家族看護学
  • 認知症ケア
  • メンタルヘルス

主な著書・論文

詳細はJ-GLOBAL(researchmap)を参照
論文
  • “Factors Associated With Mental Health Status Among Older Primary Caregivers in Japan”, (co-authored), INQUIRY: The Journal of Health Care Organization, Provision, and Financing, 56, 1-8, 2019
  • 「老々介護における介護者の思いの検討」(共著)山口老年総合研究所年報27号、35-44頁、2017年
  • 「老老介護における主介護者の心理的側面とストレス対処能力(SOC)との関連」(共著)山口老年総合研究所年報26号、12-21頁、2016年
  • 「精神科と一般科で勤務する看護師の職業性ストレスとストレス対処能力(SOC)の差異」(共著)宇部フロンティア大学看護学ジャーナル 7巻1号、1-8頁、2014年
  • 「精神科看護師の職業性ストレスとストレス対処能力(SOC)の実態」(共著)日本看護学会論文集 看護管理 43巻43号、363-366頁、2013年
  • 「グループホームにおける認知症高齢者の重症度とケアスタッフの心理的側面との関連」(共著)宇部フロンティア大学看護学ジャーナル 6巻1号、43-48頁、2013年
  • 「看護学生が臨地実習中に示す心理的・生理的ストレス反応と対人対応能力 (EQS) との関連」(共著)日本看護学教育学会誌 19巻2号、11-21 頁、2009年

学内の担当校務

  • 教務委員会
  • 図書館委員会
  • 看護学実習委員会
  • カリキュラム評価・検討委員会

社会活動

  • 2017年4月社会福祉法人広寿会第三者委員(至現在)
  • 2018年12月15日、16日 第38回日本看護科学学会学術集会実行委員
  • 2019年7月4日 令和元年度まつやまシニアカレッジ講師 テーマ:知っておきたい老化と認知症

教員一覧へ戻る

PAGETOP