組織・教員一覧

大学案内

小路 ますみ

Masumi Shoji

人間健康福祉学部 看護学科 教授

印刷する

プロフィール

自己紹介・学生へのメッセージ

主に公衆衛生看護学を専門にしています。いわゆる保健師養成です。 いま、超高齢化社会の時代で、人間として私たちはどのように生き、どのように最期を迎えたらよいのでしょうか。人間とは、生活とは、幸福感とは何か。このように人間として幸福な生活追求とその支援法を健康の観点から学びます。現在、児童・高齢者虐待、自然災害、感染症、孤独死、過労死と、健康を脅かす事件が多発しています。地域社会と行政組織がどのように強調し、どのような手立てを講じ、このような事件を未然に防いでいけばよいのか、一緒に考えていけたらと思います。

担当科目

  • 地域看護学Ⅰ.Ⅱ
  • 公衆衛生看護学概論
  • 在宅看護論概論
  • 公衆衛生活動論Ⅰ.Ⅱ
  • 地域生活支援論
  • 健康サービス開発論
  • 健康政策形成論
  • 学校保健論
  • 健康教育論
  • 公衆衛生看護実習
  • 卒業研究論文

学歴

  • 飯塚病院付属高等看護学院(看護婦科)卒業
  • 福岡県立看護専門学校(保健婦・助産婦科)卒業
  • 厚生省看護研修研究センター(保健婦教員養成課程)卒業
  • 佛教大学社会学部福祉学科(社会学)卒業
  • 佐賀医科大学大学院修士課程(看護学)卒業
  • 福岡大学大学院研究科教育・臨床心理学専攻博士後期課程単位取得後退学

学位

  • 修士(看護学)佐賀医科大学

資格

  • 保健師
  • 助産師
  • 看護師
  • 精神保健福祉士
  • 介護支援専門員

職歴・研究歴

  • 1976年4月 福岡県保健所保健婦
  • 1986年4月 福岡県立看護専門学校 保健婦科専任教員
  • 1993年4月 福岡県保健環境部健康増進課 保健指導係技術主査
  • 1997年4月 福岡県糸島保健所 精神保健福祉係長
  • 1999年4月 福岡県粕屋保健所 企画指導係長
  • 2002年4月 福岡県総務部私学学事振興局看護学部開設準備室 参事補佐
  • 2003年4月 福岡県立大学看護学部看護学科 助教授
  • 2007年4月 福岡県立大学看護学部看護学科 准教授

    福岡県立大学大学院看護学研究科ヘルスプロモーション看護学専攻科 准教授

  • 2009年4月 聖マリア学院大学医療福祉研究所兼看護学部 教授
  • 2010年4月 聖マリア学院大学看護学部地域看護学領域 教授

    聖マリア学院大学大学院看護学研究科看護学専攻慢性疾患領域 専任教授

  • 2017年4月 聖カタリナ大学人間健康福祉学部人間社会学科 教授
  • 2018年4月 聖カタリナ大学人間健康福祉学部看護学科 教授(現在に至る)

所属学会

  • 日本公衆衛生学会
  • KJ法学会
  • 日本看護管理学会
  • 日本家族看護学会
  • 日本在宅ケア学会
  • 日本高齢者虐待防止学会
  • 日本看護研究学会
  • 日本公衆衛生看護学会
  • 地域看護学会

研究分野

  • 地域看護学
  • 公衆衛生看護学
  • 在宅看護学

主な著書・論文

【論文】

  • 広域的システム構築のための要件と保健所保健婦・士における活動指標(単著):日本公衆衛生学会誌第49巻第3号, P.188~P.204,2002年
  • 地域対人保健サービス体系の改革戦略とその過程(単著):保健所が取り組んだ公的システム創設の実例から:日本看護管理学会誌 第5巻第2号, P.40~P.54,2002年
  • 組織間の事業統合による広域連携の成立要件(共著 小路ますみ,久保山留美子,石田さゆり, 宇治光治):医学書院保健師ジャーナル第60巻第2号,P.152~P.159,2004年
  • 組織間調整における協働関係の成立要件と指針(単著):KJ法学会.誌KJ法研究第25巻1号,P.23-P.29,2004年
  • 経営的観点でとらえた地域における変革活動(単著): 日本看護管理学会誌第8巻第2号,P.48~P.57,2005年
  • 人工呼吸器を装着したALS(筋萎縮性側索硬化症)患者の在宅療養者を支える地域支援施策(共著 小路ますみ,鮎川春美,中園明美): 福岡県立大学看護学部紀要第4巻第1号,P.19- P.25, 2007年
  • ALS人工呼吸器装着者とその家族のための連携施策(共著 小路ますみ,小森直美,鮎川春美): 医学書院保健師ジャーナル第63巻第5号,P.452- P.455,2007年
  • 在宅看護実習における学びの構造(共著 小路ますみ,小森直美,笹尾松美):福岡県立大学看護学部紀要第4巻第1号, P.10-P.18, 2007年
  • 在宅で重症心身障害児を養育している父母の医療・福祉・教育サービスに係る思い:(共著 小路ますみ,牟田広実,松田有紀,朝部明美、) 外来小児科Vol.14 No1, P.2-P.8, 2011年
  • 地域ケアシステム構築のためのアブダクション的討議展開(単著):聖マリア学院大学紀要Vol.4, P.11-P.20,2013年
  • 保健師教育の施策化・システム化への道程(その1)(単著): 聖マリア学院大学紀要NO7, P.57-P.62,2016年
  • 保健師教育の施策化・システム化への道程(その2)-本学における保健師教育の改革-(共著 小路ますみ,鮎川春美): 聖マリア学院大学紀要NO8, P.19-P.24,2017年

学内の担当校務

  • 運営委員会委員

社会活動

  • 2009年4月久留米市介護認定審査会委員(2015年3月まで)
  • 2015年4月久留米市地域密着型サービス運営委員会委員(2017年3月まで)
  • 2015年4月久留米市地域包括支援センター運営に関する協議会委員(2017年3月まで)
  • 2016年4月全国保健師教育機関協議会九州ブロック代表幹事(定例会・研修会の企画・運営)(2017年3月まで)
  • 2016年10月熊本地震災害に係る熊本保健科学大学講義ボランティア
  • 2016年11月一般財団法人リスクマネジメント協会秋期セミナー2016講師(福岡・仙台)

教員一覧へ戻る

PAGETOP