組織・教員一覧

大学案内

大黒屋 貴稔

Ooguroya Takatoshi

人間健康福祉学部 人間社会学科 教授

印刷する

プロフィール

自己紹介・学生へのメッセージ

主な専門は知識社会学です。なかでも「日常知」、すなわち「人々が日常生活において当たり前とみなす様々なことがら」が、現代社会においてどのように 変化しつつあるのかというテーマに理論社会学や社会調査の手法を通じて取り組んできました。そこからわかるのは、 そのような知が、変化の乏しい固定的なものであるというより、時代と共に変容するきわめて流動的な性格のものだということです。 たとえば、今日では否定的なニュアンスで語られることの多い「フリーター」ですが、つい十数年前までは「会社組織に縛られず自由 な働き方をする若者」として大変肯定的な意味合いで語られていました。 身近な社会生活での出来事について 、みなさんと共にこうした視点から考えていけたらと思います。

担当科目

  • 人間社会学概論
  • 基礎演習Ⅰ・Ⅱ
  • 産業社会学
  • 組織論
  • 国際社会学
  • 社会調査法
  • 心理社会調査法
  • 社会調査実習Ⅰ・Ⅱ
  • インターンシップⅠ・Ⅱ
  • 専門演習Ⅰ・Ⅱ
  • 卒業研究論文

学歴

  • 早稲田大学商学部 卒業
  • 早稲田大学大学院文学研究科社会学専攻修士課程 修了
  • 早稲田大学大学院文学研究科社会学専攻博士後期課程 単位取得後退学

学位

  • 修士(文学)早稲田大学

資格

  • 専門社会調査士

職歴・研究歴

  • 2004年4月 早稲田大学文学部 助手(2006年3月迄)
  • 2005年4月 大妻女子大学社会情報学部 非常勤講師(2011年3月迄)
  • 2006年4月 武蔵大学社会学部 講師(2014年9月迄)
  • 2007年4月 早稲田大学文学部 非常勤講師(2009年3月迄)
  • 2012年4月 早稲田大学文学部 非常勤講師(2014年9月迄)
  • 2014年9月 聖カタリナ大学人間健康福祉学部 講師(2017年3月迄)
  • 2017年4月 聖カタリナ大学人間健康福祉学部 准教授(2019年3月迄)
  • 2019年4月 松山短期大学商科 非常勤講師(至現在2020年3月迄)
  • 2019年4月 聖カタリナ大学人間健康福祉学部 教授(至現在)

所属学会

  • 日本社会学会
  • ソシオロジ(社会学研究会)
  • 日本社会学史学会
  • 日本社会学理論学会
  • 日本現象学・社会科学会
  • 早稲田社会学会

研究分野

  • 理論社会学
  • 社会学史
  • 知識社会学
  • 国際社会学
  • 地域社会学

主な著書・論文

著書
  • アルフレッド・シュッツ、トーマス・ルックマン 『生活世界の構造』 筑摩書房、2015年(共訳、那須壽監訳・大黒屋貴稔・木村正人・鳥越信吾訳、第4章「知識と社会」475頁~630頁担当)
  • 『共生の社会学』 太郎次郎社エディタス、2016年(共著、岡本智周・丹治恭子編著、第11章「戦後日本の社会学にみる学知の更新:『社会学評論』における「共生」言説の量的・質的変遷」242頁~262頁執筆)
  • 『地方発 外国人住民との地域づくり―多文化共生の現場から』晃洋書房、2019年(共著、徳田剛・二階堂裕子・魁生由美子編著、第13章「地方大学の留学生の就職活動に関する実態と課題―愛媛県松山市の台湾人元留学生を事例として」198頁~213頁執筆)
  • 『知の社会学の可能性』学文社、2019年(栗原亘・関水徹平との編著)
論文
  •  「多元主義と意味の主観的解釈:アレントとシュッツ 合衆国における人種問題をめぐって」(翻訳)、『文化と社会』創刊号、86~104頁、1999年
  •  「意味と自己言及:シュッツとルーマンの『意味』概念の比較考察」(単著)、『ソシオロジカル・ペーパーズ』11号、42~50頁、2002年
  •  「観察者は循環である:シュッツとルーマンの『同時性』概念における2つの『同時性』」(単著)、『早稲田大学大学院文学研究科紀要』第48輯第1分冊、89~96頁、2003年
  •  「『外書講読』にみる学知の変遷:『社会学知』から『読解知』へ」(単著)、『知の構造変動に関する理論的・実証的研究』文部科学省科学研究費補助金〔基盤研究(B)〕研究成果報告書、33~43頁、2010年
  •  「『社会学史』科目にみる学知の変遷:『地域史』から『通史』へ」(単著)、『知の構造変動に関する理論的・実証的研究』文部科学省科学研究費補助金〔基盤研究(B)〕研究成果報告書、45~54頁、2010年
  •  「社会学教育にみる学知の変遷:社会学関連の『外書講読』系科目を事例として」(単著)、『社会情報学研究 大妻女子大学紀要:社会情報系』19号、115~128頁、2010年
  •  「顕在的な統一体と潜在的な統一体:『分析的リアリズム』をめぐるシュッツとルーマンのパーソンズ批判を手がかりとして」(単著)、『ソシオロジカル・ペーパーズ』20号、1~9頁、2011年
  •  「A.シュッツにおける2つの『意味』概念:R.Heiskalaによるシュッツの『意味』概念批判によせて」(単著)、『ソシオロジカル・ペーパーズ』21号、27~35頁、2012年
  •  「社会学教育にみる学知の変遷:『社会学史』科目を事例として」(単著)、『社会学年誌』53号、87~103頁、2012年
  •  「総合誌にみる我が国の社会学研究の主題動向(1964年から2013年まで):個別的研究から複合的研究へ」(共著、大黒屋貴稔・鳥越信吾)、『学知と社会の関係に関する理論的・実証的研究』文部科学省科学研究費補助金〔基盤研究(C)〕成果報告書、25~36頁、2016年
  •  「総合誌にみる連字符社会学研究の主題動向:「連字符単数」と「連字符複数」という視点から」(共著、大黒屋貴稔・鳥越信吾)、『学知と社会の関係に関する理論的・実証的研究』文部科学省科学研究費補助金〔基盤研究(C)〕成果報告書、37~60頁、2016年
  • "Manifest Multiplicity and Latent Multiplicity: A Comparison of Discussions over the Multiplicity of Schutz, Luhmann and Berger"(単著)、『聖カタリナ大学人間文化研究所紀要』第22号、13~22頁、2017年 
  • 「『人文・社会科学の危機』を考える」(共著、大黒屋貴稔・関水徹平)、『社会学年誌』59号、1~3頁、2018年
  • 「社会学総合誌にみる理論・学説研究の歴史的動向」(共著、大黒屋貴稔・鳥越信吾)、『知の社会学の可能性』第11章、245頁~264頁、2019年

学内の担当校務

  • 入試募集委員会委員長
  • 広報委員会委員
  • 地域連携推進室委員

社会活動

  • 2014年6月 早稲田社会学会 理事候補推薦委員(2014年7月迄)
  • 2014年7月 早稲田社会学会 研究活動委員(2017年7月迄)
  • 2018年11月 愛媛台湾親善交流会 会員(至現在)

教員一覧へ戻る

PAGETOP