組織・教員一覧

大学案内

桂 和仁

Katsura Kazuhito

人間健康福祉学部 健康スポーツ学科 教授

印刷する

プロフィール

自己紹介・学生へのメッセージ

京都市で生まれ育ち、大学から関東に34年間住んでいました。聖カタリナ大学には、2015年4月に赴任致しました。専門分野は、臨床スポーツ心理学ですが、最近はスポーツ領域に限らず人々の精神的安寧を保持する方略を研究テーマとしています。精神的安寧を保つためには友人の存在が大いに役に立ってくれます。学生の皆さんには、生涯の友を得るためにも、多くの経験と出会いを持ってほしいと願っています。そしてその出会いが一期一会のものとなることを。

担当科目

  • スポーツ心理学
  • 健康とスポーツ
  • 教育・学校心理学
  • 教育心理学
  • 健康心理学
  • 体育Ⅱ(短期大学部)
  • 臨床心理学
  • 専門演習Ⅰ
  • 専門演習Ⅱ
  • ラケットスポーツ
  • カウンセリング
  • 教職実践演習
  • 体育実技
  • 健康スポーツインターンシップ
  • 卒業研究

学歴

  • 筑波大学体育専門学群卒業
  • 筑波大学大学院修士課程体育研究科体育方法学専攻

学位

  • 修士(体育学)筑波大学

資格

  • 中学校教諭1級普通免許状(保健体育)
  • 高等学校教諭2級普通免許状(保健体育)
  • 高等学校教諭1級普通免許状(保健体育)

職歴・研究歴

  • 1985年4月 京都府立向陽高等学校非常勤講師(1986年3月迄)
  • 1986年4月 筑波大学体育専門学群研究生(1987年3月迄)
  • 1989年4月 筑波大学大学院研究生(1991年3月迄)
  • 1989年4月 淑徳保育生活文化専門学校非常勤講師(1996年3月迄)
  • 1991年4月 武蔵丘短期大学助手(1999年3月迄)
  • 1995年4月 國學院大学非常勤講師(1996年3月迄)
  • 1996年4月 上智大学非常勤講師(2000年3月迄)
  • 1999年4月 工学院大学非常勤講師(2015年3月迄)
  • 1999年4月 武蔵丘短期大学専任講師(2006年3月迄)
  • 2001年4月 武蔵大学非常勤講師(2015年3月迄)
  • 2006年4月 武蔵丘短期大学助教授(2007年3月迄)
  • 2007年4月 武蔵丘短期大学准教授(2012年3月迄)
  • 2012年4月 武蔵丘短期大学教授(2015年3月迄)
  • 2015年4月 聖カタリナ大学人間健康福祉学部教授(現在に至る)

所属学会

  • 日本体育学会
  • 日本スポーツ心理学会
  • 日本臨床心理運動学会
  • 日本教育心理学会

研究分野

  • スポーツ心理学
  • 臨床心理学
  • 教育心理学

主な著書・論文

著書
  • 共著『子育て支援のための食・運動・安全に関する研究』財団法人こども未来財団2005年
  • 共著『子育て支援のための指導マニュアル』財団法人こども未来財団2005年
  • 共著『地域交流に基づく健康生活の構築』武蔵丘短期大学2000年
  • 共著『栄養指導論(現代栄養科学シリーズ7)』朝倉書店1995年
  • 共著『大学生のための健康・スポーツの基礎知識』創風社出版2020年
論文
  • 「武蔵丘スポーツクラブ2年目の活動報告」(共著)武蔵丘短期紀要第20巻43~48頁2013年
  • 「武蔵丘スポーツクラブの設立と活動報告」(共著)武蔵丘短期紀要第19巻123~129頁2012年
  • 「インターンシップ学外実習に関する調査第5報」(共著)武蔵丘短期紀要第17巻25~33頁2010年
  • 「大学生運動部員の問題行動の構造」(共著)総合保健体育第科学第17巻1号51~62頁1994年
  • 「運動部活動における適応感を規定する要因」(共著)体育学研究第35巻2号173~185頁1990年
  • 「運動部活動における適応感評定尺度(ASST)の妥当性の再検討」
    (共著)いばらき体育・スポーツ科学第51号13~19頁1990年

学内の担当校務

  • 人間文化研究所(所長)
  • 教職課程委員会
  • 就職委員会
  • IR委員会

社会活動

  • 2015年4月に着任し6年目になります。私に出来るようなことがございましたらどうぞお気軽にお声掛け下さい。

教員一覧へ戻る

PAGETOP