組織・教員一覧

大学案内

釜野 鉄平

Kamano Teppei

人間健康福祉学部 社会福祉学科 教授

印刷する

プロフィール

自己紹介・学生へのメッセージ

"全てのひとが皆同じ社会で暮らせるべき"だけれども、疾病や障がい、虐待やDV、貧困や災害など生活上で生じる様ざまな事象が影響してそれができないひとがいます。それらの問題を完全に社会から消滅させることはできるのか? そうすべく挑戦をし続けるのが福祉実践なのです。そのような福祉のもつ根本的思想から実践までともに学びましょう。

担当科目

  • 社会福祉援助技術演習Ⅰ・Ⅲ
  • 社会福祉援助技術現場実習指導Ⅰ・Ⅱ
  • 福祉教育論、人間の尊厳と自立
  • 人間関係とコミュニケーション

学歴

  • 道都大学社会福祉学部卒業
  • 吉備国際大学大学院社会福祉学研究科修士課程修了
  • 九州保健福祉大学大学院(通信制)社会福祉学研究科博士(後期)課程単位取得後退学

学位

  • 修士(社会福祉学)

資格

  • 社会福祉士
  • 人間関係士

職歴・研究歴

  • 2004年4月 広島福祉専門学校専任教員(2014年3月迄)
  • 2004年4月 近畿大学豊岡短期大学通信教育部子ども学科非常勤講師(2006年3月迄)
  • 2014年4月 聖カタリナ大学人間健康福祉学部 講師(2017年3月迄)
  • 2017年4月 聖カタリナ大学人間健康福祉学部 准教授(2019年3月迄)
  • 2019年4月 聖カタリナ大学人間健康福祉学部 教授(至現在)

所属学会

  • 日本社会福祉学会 会員
  • 日本人間関係学会 会員
  • 日本福祉図書文献学会 会員
  • 日本地域福祉学会 会員
  • 日本介護教育学会 会員

研究分野

  • ノーマリゼーション(高齢者福祉)
  • 福祉教育

主な著書・論文

著書
  • 共著『社会福祉の基本体系第5版』勁草書房 2017年
  • 共著『人間関係ハンドブック』福村出版 2017年
  • 共著『社会福祉の制度と課題』学文社 2015年
  • 共著『社会保障論』大学図書出版 2014年
  • 共著『これからの福祉と教育のゆくえを探る』一粒書房 2013年
  • 共著『子ども・若者政策のフロンティア』晃洋書房 2012年
論文
  • 「ノーマリゼーションと福祉教育との関係についてー地域住民に対する質問紙調査よりー」(単著)『地域福祉サイエンス』第5号125-136頁2018年
  • 「地域住民に対する福祉教育の在り方について-ノーマリゼーションの今日的意義より-」(単著)『草の根福祉』第47号112-125頁2017年
  • 「高齢者福祉施設における職種間の連携について-介護職員に対する質問紙調査より―-」(単著))『地域福祉サイエンス』第3号145-152頁2016年
  • 「特別養護老人ホームが生活の場として機能するための課題について―介護実践内容の比較分析より―」(共著・筆頭論文)『地域福祉サイエンス』創刊号107-118頁2014年
  • 「認知症高齢者グループホームの担うべき役割と実践との乖離について―地域社会との関係を軸にして―」(単著)『社会福祉科学研究』第2号95-104頁2013年
  • 「特別養護老人ホームの生活の場としての位置づけに関する一考察-介護福祉士養成校における実習生の意識調査から-」(共著・筆頭論文)『社会福祉科学研究』創刊号39-49頁2012年
  • 「ノーマリゼーションの今日的意味―中園康夫師の文献より―」(単著)『福祉図書文献研究』第10号7-18頁2011年
  • 「グループホームにおける認知症高齢者の充足度に関する一考察―生活の場としての充足度を中心に―」(共著・筆頭論文)『介護福祉研究』第17巻第1号5-9頁2009年
  • 「サービス形態の変化からみる高齢者福祉の課題―ノーマリゼーション~共生を背景として―」(単著)『介護福祉研究』第15巻第1号66-68頁 2007年

学内の担当校務

  • 学生生活委員会委員長
  • 障がい学生支援チーム長
  • 入試募集委員
  • 社会福祉実習委員

社会活動

  • 日本人間関係学会事務局次長・理事
  • 日本福祉図書文献学会 評議員
  • 社会福祉法人聖カタリナ評議員
  • 松山市社会福祉審議会委員
  • 新居浜市政策懇談会オブザーバー

教員一覧へ戻る

PAGETOP