ソーシャルメディア利用に関するガイドライン

キャンパスライフ

現在、世界中で多くの人がソーシャルメディア(LINE、Facebook、Twitter等)を利用して互いにコミュニケーションを行っています。しかし、ソーシャルメディアの影響力に対する認識不足から、トラブルにつながる事例も発生しています。
そこで、聖カタリナ大学・聖カタリナ大学短期大学部(以下、「本学」とする)では、本学の学生・教職員としての自覚と責任を持ったうえで、ソーシャルメディアを適切に利用できるようガイドラインを策定しました。ソーシャルメディアを利用する際は、本ガイドラインの内容を十分に理解し、適正に使用してください。

01.ソーシャルメディアの定義

ソーシャルメディアとは、インターネットを利用して誰でも手軽に情報を発信し、相互のやりとりができる双方向のメディアです。代表的なものとしては、ブログ、インスタグラムやFacebook、Twitter等のSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)、YouTubeやニコニコ動画等の動画共有サイト、LINE等のメッセージングアプリがあります。

02.法令・規程等の遵守

ソーシャルメディアを含めたインターネット上の表現も、憲法等の法令の下にあります。よって、利用する際は、日本の法令を遵守することが求められます。
また、留学や旅行などの海外渡航中においては、諸外国の法令や国際法を遵守してください。

03.知的財産権等の保護

著作権、肖像権、商標権、特許権などの知的財産権を侵害してはなりません。ウェブサイトにある画像や文章の無断転載は、著作権法等が定める条件を満たさない限り、著作権侵害となります。著作権法等を遵守し、他者の知的財産権を侵害しないようにしてください。また、集合写真などで他人が写っている写真を投稿する際には、必ず写っている方の了承を得るようにしましょう。

04.人権の尊重

人権尊重の基本理念や倫理に反する特定の個人や団体への誹謗中傷、差別的な内容、猥褻な内容の発言や投稿は、特定の法律に違反しない場合であっても許されるものではありません。これらの内容を含む表現を行わないようにしてください。
一人ひとりの個性や多様性を尊重し、異なる意見や考え方、生き方を互いに認め合うことを、すべてのコミュニケーション活動の基本とするよう心がけましょう。

05.正確な情報発信・誤りの即時訂正

虚偽の情報を流さないよう、発信内容の正確性の確保に努め、万が一、間違った情報や不適切な情報を発信したときは、速やかに訂正してください。

06.個人情報・機密情報の取り扱いと守秘義務の遵守

学生は、授業や実習、課外活動などの学生生活全般、アルバイト等で知り得た個人情報や企業情報などを、無断でネット上に発信しないでください。さらに教職員は、職務上知り得た機密情報や個人情報などの取り扱いに注意してください。
情報が一度ネット上に公開されると完全には削除できないことや、第三者によって保存されたり、情報を悪用されたりする可能性があることを認識し、プライバシーの保護に留意してください。また、個人の特定につながる情報を発信する場合は、必ず本人の同意を得たうえで、発信する内容によって他者のプライバシーを侵害することのないよう十分に注意してください。

07.大学における調査

本学の学生・教職員が、ソーシャルメディアを利用するうえで、法令違反や人権侵害及び守秘義務違反の疑いが生じた場合又は本学の名誉を著しく侵害していると大学が判断した場合には、関係機関と協議し、当該者の情報発信に関する履歴を調査する場合があります。

08.相談窓口の設置と利用

ソーシャルメディアを利用して個人情報の漏洩や炎上などのトラブルが発生した時やトラブルにつながりそうな場合には、速やかに下記の窓口に相談してください。また被害にあった場合やその可能性があるなど、不安に感じた場合でも相談してください。

  • 【学生の場合】
    学生支援課 TEL:089-993-0703 
    メールアドレス:gsg@catherine.ac.jp
  • 【教職員の場合】
    総務課 TEL:089-993-0702 
    メールアドレス:soumu@catherine.ac.jp

PAGETOP