聖カタリナ大学|ニュース・トピックス

2016年1月18日【アイコン】お知らせ松山赤十字病院と看護学科(仮称)設置に関する協力協定を締結


2016年1月18日 更新

IMG_3142
5月20日(水)、松山赤十字病院(院長:横田英介)と学校法人聖カタリナ学園(理事長:中田婦美子)・聖カタリナ大学(学長:ホビノ・サンミゲル)は、聖カタリナ大学に設置計画中の看護学科(仮称)の設置と運営に関する協力協定を締結いたしました。
設置計画中の看護学科は、松山赤十字病院の協力を得て、地域の健康福祉保健のニーズに応え、社会の持続的発展に貢献することを目的としたものです。
看護学科の入学定員(予定)は、80名(男女共学)。収容定員は320名。設置予定年度は、平成29年4月。平成28年3月に文部科学省に設置認可の申請を行い、同年8月に認可の予定。