学生生活サポート

キャンパスライフ

宗教主事室

学生の精神的な支えとして、さらにはキリスト教に関する知識を深めるために、宗教主事室を設けています。そして、その責任者を「宗教主事」と呼びます。
宗教主事はキリスト教に深い感心のある学生の他、総ての学生の人生や家族、勉学に関する諸問題など様々な相談にのっています。守秘義務は絶対に守られますので安心してご相談ください。

学生相談室

学生相談室は、学生の様々な問題を受け止め一緒に考えて行くところです。相談は主にスクールソーシャルワーカーが応じています。
また、精神科医師による、メンタルヘルス相談も定期的に設けています。

健康相談

キャンパス内の保健室では養護担当者が常駐し、心身の健康については学校医が相談に応じています。相談は保健室で行っています。

オフィスアワー

全教員が各々に設定した曜日・時間帯に研究室に在室し、学生が教員とコンタクトできる「オフィスアワー」を設けています。アドバイザー(大学)やクラス担任(短期大学部)以外の教員にも気軽に相談できる制度ですので活用してください。

アドバイザー制度(大学)

専任教員が、少人数の学生を受け持ちアドバイザーとなる制度です。学生の個人的な相談を受け、また、助言・指導を行います。

  • 社会福祉・人間社会・健康スポーツ学科
    1、2年次は「入学時に決まった教員」がアドバイザーとして、3年次は「専門演習」を担当する教員がアドバイザーとして、各学生を受け持ちます。
  • 看護学科
    1~3年次は「入学時に決まった教員」がアドバイザーとして、4年次は「看護研究Ⅱ」を担当する教員がアドバイザーとして、各学生を受け持ちます。

クラス担任制度(短大)

専任教員が、クラス毎に少人数の学生を受け持ち担任となる制度です。
学生の個人的な相談を受け、また、助言・指導を行います。
各学生を受け持つ担任は入学時に決定し、原則として、1人の教員が卒業まで2年間を通して担当します。

聖カタリナ大学・聖カタリナ大学短期大学部 防災マニュアル

「東南海・南海地震」など様々な地震の発生が危惧されていますが、聖カタリナ大学では、災害から学生および教職員等の生命および身体を保護するため、携帯版の防災マニュアル(火災・地震発生時の対応、災害時の緊急避難場所、傷病者救助法等)を作成し、全ての学生・教職員等に配布しています。

PAGETOP