アルベルト・カルペンティール
宗教画ギャラリー

ようこそ、
アルベルト・
カルペンティール
宗教画ギャラリーへ

みなさまを、
アルベルト・カルペンティール師の
ギャラリーにご招待できますことは、
私たちの大きな喜びです。

アルベルト・カルペンティール師はベルギーのアントワープ生まれ、版画や油絵・水彩画はもとより、世界各国の教会の壁画やステンドグラスなど、これまでに数多くの作品を創作されている世界的に著名な宗教画家です。

カルペンティール師は1937年に聖ドミニコ修道会に入会、1949年に宣教師として来日し、東京芸術大学で日本画を学んでいます。さらに1958年に帰国後はベルギーアントワープ国立美術学校でステンドグラス制作を学びました。現在は東京都に在住して創作活動を行っており、これまでに日本、ベルギー、オランダ、カナダ、アメリカなど世界各国で個展を開いています。キリストの生涯や黙示録などをテーマに描いた宗教画は内外の高い評価を受けています。

本学のホビノ・サンミゲル学長とカルペンティール師は約30年前から親交があり、聖カタリナ大学の教育環境整備に役立つならと、このほど版画や水彩画、下絵(デッサン)など約320点もの作品の寄贈をいただきました。本学では深い感謝を込めてギャラリーを開設し、そのうち約60点を展示しています。
また、ステンドグラス(24枚)及び新作の砥部焼き(約30点)も、合わせて展示させていただいております。

このような多岐にわたるカルペンティール師の作品を一同に展示したものは、おそらく本学のこのギャラリーが唯一のものではないかと思われます。多数の作品をいただきながら、一度に全作品を展示できないのが残念ですが、順次作品を入れ替えて展示していきたいと考えています。ぜひ一度ご来場いただき、カルペンティール師の力作をご鑑賞ください。

アルベルト・カルペンティール宗教画ギャラリーは、平日(職員勤務日)の10:00~16:00に一般公開しております。
夏季休業中などは平日でも職員が勤務していないことがございますので、
鑑賞をご希望の方は、事前に必ずお問い合わせいただきますようお願いいたします。
  • ギャラリー完成祝別式で、祈りが捧げられました。

  • 続いて行われた開展式での、学長の挨拶です。

  • 「多くの人に作品を見てもらえる環境ができてうれ しい」 とカルペンティール師のお言葉。

  • 完成祝賀会では、カルペンティール師に感謝状と記 念品の贈呈が行われました。

カルペンティール師から新たに砥部焼が寄贈され、ギャラリーに展示いたしました。

  • 絵皿の制作風景

  • 展示している砥部焼のタイル画

  • 展示している砥部絵皿

  • 「聖ドミニコの母の夢」

長年の宗教美術への貢献を授与理由として、米国のセントルイス大学アクイナス神学研究所(ドミニコ会)よりカルペンティール師に学位記(名誉博士号)が授与されました。
氏は、現在は日本を離れて母国のベルギーで生活されていますが、98歳となった現在でも精力的に創作活動を行っています。

  • 学位記と神父様

  • 学位記を持つ神父様1

  • 学位記を持つ神父様2

  • 窓際の神父様

アルベルト・カルペンティール師が100歳の誕生日を迎えられ、誕生日パーティーが行われました。当日は、ホーム内の方々と親類の方々が参加され、アントワープの市長もお越しになりました。国王からのお菓子と記念品、市長から花束が贈られ、ドミニコ会の管区長からも御祝いの言葉がありました。
カルペンティール師は、元気なお姿で誕生日パーティーを楽しまれ充実した日を過ごされました。

  • 誕生日パーティーでの神父様1

  • 誕生日パーティーでの神父様2

  • 誕生日パーティーでの神父様3

  • 誕生日パーティーでの神父様4

PAGETOP