人間健康福祉学部 社会福祉学科 社会福祉専攻

学部・学科案内

地域社会に貢献できる
福祉のスペシャリストを目指す

「社会福祉」や「精神保健福祉士」はソーシャルワーカーと呼ばれています。本専攻では、その国家資格取得を念頭に「人にとって本当の幸せとは何か」を追求しながら、ソーシャルワーカーに必要な知識や技術を学びます。福祉系学部だからこそ開講できる多彩な科目群から、将来の進路や探求したいテーマに合わせて自由に科目を選択できます。また、福祉的なアプローチは、少子高齢化社会においては、一般企業の重要な戦略的視点となっています。
  1. 学習ポイント

    幅広い分野で活躍する専門職を養成

    全国でもいち早く福祉専門職の養成を開始した大学の一つである本学には、多くの卒業生がいます。そのネットワークを体験学習や外部講師という形で活用するなど、講義と実践の両面であらゆる福祉分野に対応できる人材を養成しています。

  2. 学習ポイント

    スモールテップを採用して学習効果を最大限に引き出す

    専門的な内容は自主的な復習だけでは学習効果に限界があります。段階的にステップアップできるよう、教員が小テストや復習、個別指導をこまめに行い、学生の能力を多方面から評価することで、学びを深めていきます。

  3. 学習ポイント

    地域での社会的活動を通した学び

    アクティブラーニングはもちろんのこと、サービスラーニングも取り入れています。高齢化や人間関係の希薄化の進む地域では、まちづくりを通した課題の改善に取り組んでいます。

多様な福祉ニーズに対応できる ソーシャルワーカーをめざします。

身体上・精神上の障害または環境上の理由により、日常生活を営むのに支障がある人々の福祉に関する相談援助を行うのが「ソーシャルワーカー」の仕事。
社会福祉専攻は、さまざまな問題を抱える人たちを専門的な知識・技能によって支えるソーシャルワーカーをめざす専攻です。
社会福祉士国家資格の取得を目標に、現代の多様な福祉ニーズに対応できる、社会福祉の専門家として活躍する人材を養成します。

3系統に分かれ専門的に福祉を探求。

2年次より「福祉実践系」、「精神保健福祉系」、「福祉マネジメント系」の3系統から、それぞれの専門分野を探求します。「福祉実践系」、「精神保健福祉系」には、それぞれの分野で活躍するソーシャルワーカーに必要な科目が、「福祉マネジメント系」には、福祉業界はもちろん、学んだ知識や技術を活かして一般企業で活躍するために必要な科目で構成されています。
PAGETOP