人間健康福祉学部 人間社会学科

学部・学科案内

人と社会を多面的に学び
あらゆる組織の課題解決に挑む。

変化する時代の状況を捉える「社会学」と、人間の心のメカニズムを解明する「心理学」を同時に学び、コミュニケーションスキルと、自ら課題を見つけて取り組む姿勢を身につけます。
現代社会の代表的な組織・集団である「企業社会」と、組織・集団に属して生きるうえで必要な「人間コミュニケーション」。
これらに関する2系統の科目群を深く学び、課題探求能力とヒューマン・スキルを備えた優れた人材を育成します。
  1. 学習ポイント

    社会学と心理学から人と社会を学ぶ

    社会を構成する人間の心理や行動、それらの人間を取り巻く集団やシステムについて理解を深め、現代社会が有するさまざまな問題にアプローチします。

  2. 学習ポイント

    2系統の科目群を学び専門性を磨く

    「企業社会系」では、経済や経営の分野を社会学の視点から幅広く、「人間コミュニケーション系」では、心理学やコミュニケーション学を通じて他者とのかかわりについて学びます。

  3. 学習ポイント

    課題探究能力とヒューマン・スキルを養成

    人間と社会のよりよい関係や、社会的存在としての人間の活動や営みについて、教育研究を行っていきます。 専門的な知識を身につけ、企業社会に貢献できる人材を養成します。

人と社会について考える学科

私たちが暮らす「社会」は、人間によって成り立っています。その社会について深く理解するめには、社会を構成する「人間」の心理と行動、そしてその人間を取り巻く集団やシステムについての研究が必要です。
人間社会学科では、「社会学」を基礎とし、「心理学」や「コミュニケーション学」を駆使することによって私たちが生活する人間社会について探求します。

「企業社会系」および「人間コミュニケーション系」という2系統の科目群について

人間社会学科ではマクロな対象として「企業社会」、ミクロな対象として個人及び集団間の「人間コミュニケーション」という2つの系統の学問について深く学んでいきます。

「企業社会」は、現代社会の代表的な組織・集団であり、将来、多くの皆さんが活動する場です。そして「人間コミュニケーション」は、企業に限らず組織・集団に属して生きる人々に欠かすことのできない生活の一部です。

人が健康で心豊かに暮らしていくためには、人が生きる場そしてその場で関わりあう人間について知ることが重要です。この意味において社会と人間について学ぶ人間社会学科の教育的意義は、きわめて大きいものと言えます。

人間社会学科で学べる2系統の科目群

企業社会系

企業社会系の科目では、経済、経営といった現代の企業社会を支える基本的な学問分野を社会学の視点から幅広く学びます。

人間コミュニケーション系

人間コミュニケーション系の科目では、心理学、コミュニケーション学を中心に社会における人間同士の係わり合いについて学びます。
  • カリキュラム

    「社会学」と「心理学」を中心に社会で役立つ知識を学びます。

    詳しくはこちら

  • めざせる主な仕事

    人間社会学科での学びは、社会において幅広い応用が可能です。

    詳しくはこちら

  • 取得できる資格

    「社会調査士」や「認定心理士」の資格取得が第1目標です。公認心理師「大学における必要な科目」にも対応予定です(平成31年度入学生から)。

    詳しくはこちら

PAGETOP