インターンシッププログラム

就職サポート

インターンシップについて

インターンシップは、学生が自らの専攻や将来の職業に関連した就業体験を行うもので、事務や営業など実際の現場を体験しながら自己理解と職業理解を深め、自分の将来とどう結びつけるかを考えるきっかけとなります。

大学コンソーシアムえひめインターンシップ・プログラム

大学コンソーシアムえひめインターンシップ・プログラム

聖カタリナ大学は、愛媛県内の大学が相互に連携・交流し、愛媛県内の高等教育全体の質的向上に資するとともに、地域社会へ貢献することを目的とする「大学コンソーシアムえひめ」に加盟しています。
「大学コンソーシアムえひめインターンシップ部会」は、愛媛県内5大学(愛媛大学、松山大学、松山東雲女子大学、松山東雲短期大学、聖カタリナ大学)の学生に統一したルールの下で、企業、自治体、団体等のご協力のもとインターンシップ・プログラムを実施しています。

大学コンソーシアムえひめの
WEBサイトはこちら

愛媛県内の一般企業を中心に、地方公共団体、NPO法人、大学などさまざまな受入先があります。

インターンシップ・スケジュール

前学期:インターンシップ(人間社会学科・社会福祉学科)

4月~7月
「インターンシップ」受講(3年生前期開講、週1回全15回) *インターンシップ研修に向けた事前学習・準備(自己分析、業界企業研究、ビジネスマナー講座など)を行います。
6月
インターンシップ合同説明会(5大学合同)
*インターンシップ受入先事業所から、研修内容についてのプレゼンテーションを受けた後、個別相談会を行います。
7月
インターンシップ先決定
*事業所と学生とのマッチングを行い、インターンシップ先を決定します。
8月~9月
インターンシップ研修
*事業所において、夏休み期間中の5日~2週間程度(事業所ごとに異なる)でインターンシップ研修を行います。
11月
インターンシップ研修報告会
*研修先事業所をお招きし、学内で研修報告会を開催します。学生一人ひとりが研修先での業務内容や感想・反省点を発表し、研修における学びを全員で共有します。

後学期:インターンシップⅡ(人間社会学科)

9月~2月
「インターンシップⅡ」受講(3年生後期開講、週1回全15回)
*夏期研修後のフォローアップを充実させ、学びの定着と就活の準備(インターンシップの振り返り、業界・職種研究、自己PR、グループディスカッション講座など)を行います。

インターンシップ参加学生の声

(インターンシップ研修報告書より抜粋)
  • 10日間のインターンシップ研修の中で、仕事に対する見方が変わりました。仕事は生活の為にするものだという考えが強く、やりがいは少しあれば良いなと思うくらいでした。研修先の職員の皆様が利用者の方と接しているところを見て、やりがいを持って仕事をしているのだなと自然に感じました。安全面や衛生面に気をつけながら、楽しく仕事をしておられる姿を見て、多くの刺激を受けました。
  • 今回のインターンシップ研修を通して幅広い年齢層に接客販売できるようになり、その際の細かな注意点などアドバイスを頂き、より多くの知識を学ぶことができました。百貨店ならではの知識も多く、社会人として必要なマナー講習など上質なサービスに携わることができました。
  • お客様に"ありがとう"と言われたとき、とても嬉しかったです。今まで「働く」ということに関して、お金をもらうためという考えがどこかにありました。しかし、お客様に対する気配りや心配りを教えていただくなかで、それ以上に大切なことに気が付きました。
  • お客様対応をするにおいて知識も必要ですが、それ以前にコミュニケーション能力が必要不可欠だと思いました。お客様の要望をきちんと聞いてそれに応えたり、一緒に悩み、探したりする事が顧客満足に繋がる事を学びました。
PAGETOP