教育研究目的

大学案内

聖カタリナ大学の目的及び使命

本学は、教育基本法及び学校教育法に従い、カトリック精神に基づく人格教育を基盤として、広く知識を授けるとともに、深く専門の学芸を教授研究し、国家社会に有為の人物を育成し、もって人類の福祉と文化の発展とに貢献することを目的とします。

人間健康福祉学部の教育研究目的

人間健康福祉学部はウェルビーイング(*1)の理念に立脚し、人間の健康と福祉を追求する「健康福祉社会」づくりに幅広く貢献できる人材の養成を目的とする教育研究を行い、併せてその成果をもって高等教育機関として社会に貢献することを目的とします。

(*1)ウェルビーイング(Well-being)とは、現代的ソーシャルサービスの達成目標として、個人の権利や自己実現が保障され、身体的、精神的、社会的に良好な状態にあることを意味する概念です。

学科・専攻の教育研究目的

  • 新設 2017年4月 人間健康福祉学部 看護学科

    看護学科においては、看護実践能力を修得するための体系的な教育研究を行うことを通して、地域社会の保健・医療・福祉に貢献する豊かな教養を備えた人材の養成を目指します。

  • 人間健康福祉学部 社会福祉学科 社会福祉専攻

    社会福祉学科社会福祉専攻においては、社会福祉援助技術などの援助実践に関する教育研究を行うことを通して、「保健、医療、福祉等の分野で相談援助業務を担うソーシャルワーカー」の養成を目指します。

  • 人間健康福祉学部 社会福祉学科 介護福祉専攻

    社会福祉学科介護福祉専攻においては、介護技術などの援助実践に関する教育研究を行うことを通して、「保健、医療、福祉等の分野で介護援助業務を担うケアワーカー」の養成を目指します。

  • 人間健康福祉学部 人間社会学科

    人間社会学科においては、人間と社会のより良いあり方、そしてそこに生きる社会的存在としての人間の活動や営みに関する教育研究を行うことを通して、「社会の様々な組織・集団において課題探求能力に優れ、ヒューマン・スキルを発揮しながら業務を担うことのできる人材」の養成を目指します。

  • 人間健康福祉学部 健康スポーツ学科

    健康スポーツ学科においては、人々の健康を維持・増進するための健康指導やスポーツに関する知識・技術の習得と健康な社会づくりに貢献する社会学を基礎とした教育研究を行うことを通して、健康社会の実現に寄与できる人材の養成を目指します。

(*2)ホスピタリティ事業とは、日本国内では一般に宿泊業、運輸業、旅行業などを指し、主に人的接客サービスを提供する事業の総称です。広義には、教育、医療、福祉をも含みます。

聖カタリナ大学短期大学部の目的及び使命

本学は、教育基本法及び学校教育法に従い、カトリック精神に基づく人格教育を基盤として、深く専門の学芸を教授研究し、
職業又は実際生活に必要な能力を育成して人類の福祉と文化の発展とに貢献することを目的とします。

保育学科の教育研究目的

PAGETOP