3つのポリシー

大学案内

本学の建学の精神を理解し、本学の教育を受けるにふさわしい能力・適性等を有する方を受け入れます。

社会福祉学科 社会福祉専攻について

社会福祉学科 社会福祉専攻

アドミッション・ポリシー(入学者受け入れ方針)

社会福祉専攻では、多様な福祉ニーズに対応できる専門的な知識や技術、価値観を備え、ソーシャルワーカーとして活躍できる人材を育成します。そのため、社会福祉専攻では次のような学生を求めています。

  • 1.他者とのコミュニケーション能力がある人
  • 2.人の役に立ちたいと考えている人
  • 3.社会性・協調性がある人
  • 4.相手の気持ちが理解できる人

カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成方針・実施方針)

社会福祉学科は、現代社会において支援を必要とする人やその環境に働きかけていくソーシャルワーカー・ケアワーカーを養成することを目的としている。
その目的を果たすために、豊かな人間性と福祉マインドを携え、様々なコミュニティで対人援助サービスや社会活動を展開する専門職として必要な資質・能力、集団・組織でのマネジメント能力、及び福祉のまちづくりに必要な知識・技術を身につけることを重視した教育課程の編成・実施を行っている。

  • 1年次:基礎教養や社会福祉領域、経営領域における基礎的知識を学ぶ。
  • 2年次:社会福祉の理論や対人援助技術の基礎、マネジメントやビジネスの基礎、及び福祉のまちづくりの基礎について学ぶ。
  • 3年次:専門分野における知識をより深く理解するとともに、実習、演習を通してソーシャルワークにおける実践的な技術を体得し、ソーシャルワーカーに求められる価値観・倫理観を形成する。国内外の福祉のまちづくりの実践について学ぶ。
  • 4年次:社会福祉学に関連する周辺領域の知識を習得し、広い分野の専門的教養を身につける。

ディプロマ・ポリシー(学位授与に関する方針)

  • 1.社会福祉に関わる基本的な構造や機能、また人間や社会について幅広い教養を身につけている。
  • 2.人間の尊厳を守り、さまざまな人や組織と協力して、共に生きがいのある社会の実現を目指す態度を身につけている。
  • 3.社会福祉の援助方法を理解し、人々の暮らしや社会問題を改善する基本的技能及びコミュニケーション能力を身につけている。

社会福祉学科 介護福祉専攻について

社会福祉学科 介護福祉専攻

アドミッション・ポリシー(入学者受け入れ方針)

介護福祉専攻では、社会福祉に関する幅広い知識と豊かな人間性を備え、保健・医療分野の専門家と連携して協働できる質の高いケアワーカーを育成します。そのため、介護福祉専攻では次のような学生を求めています。

  • 1.高齢者や障がい者の支援に関心のある人
  • 2.細やかな気遣いができる人
  • 3.明るく、積極的に行動できる人
  • 4.人間性豊かで社会性がある人

カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成方針・実施方針)

社会福祉学科は、現代社会において支援を必要とする人やその環境に働きかけていくソーシャルワーカー・ケアワーカーを養成することを目的としている。
その目的を果たすために、豊かな人間性と福祉マインドを携え、様々なコミュニティで対人援助サービスや社会活動を展開する専門職として必要な資質・能力、集団・組織でのマネジメント能力、及び福祉のまちづくりに必要な知識・技術を身につけることを重視した教育課程の編成・実施を行っている。

  • 1年次:基礎教養に加え、生活支援に必要な基礎的知識を学ぶ。
  • 2年次:社会福祉の理論や生活支援に関係する基本的技術、介護計画の立案の方法等について学ぶ。
  • 3年次:実習等を通して介護過程を展開し、対象者の自己実現への支援の方法等について実践的に学ぶ。
  • 4年次:ケアワークに関する周辺領域の知識を習得し、専門職としての幅広い教養を身につける。

ディプロマ・ポリシー(学位授与に関する方針)

  • 1.社会における介護福祉の役割を理解し、その基盤となる教養や倫理的態度を身につけている。
  • 2.尊厳の保持、自立支援の考え方をふまえ、根拠に基づいた介護実践能力を身につけている。
  • 3.他職種協働によるチームアプローチの必要性を理解し、対人援助における課題解決能力及びコミュニケーション能力を身につけている。

人間社会学科

人間社会学科

アドミッション・ポリシー(入学者受け入れ方針)

人間社会学科では、社会の様々な組織・集団において課題探求能力に優れ、ヒューマン・スキルを発揮しながら業務を担うことのできる人材を育成します。そのため、人間社会学科では次のような学生を求めています。

  • 1.現代社会の問題やしくみに関心がある人
  • 2.企業や組織・集団の活動に関心がある人
  • 3.社会と人間の関係に関心がある人
  • 4.人間同士のコミュニケーションに関心がある人

カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成方針・実施方針)

人間社会学科は、現代社会の構造と機能を学ぶことを通して、社会的な問題の発見、分析、解決ができる人材を育成することを目的としている。その目的を果たすために、経済、経営といった現代の企業社会を支える基本的な学問分野を社会学の視点から幅広く学ぶとともに、心理学、コミュニケーション学を中心に社会における人間同士のかかわり合いについても深く学ぶ教育課程の編成・実施を行っている。

  • 1年次:社会現象の捉え方や対人的コミュニケーションの基礎など人間社会学科の基礎的知識を学ぶ。
  • 2年次:社会現象を分析する手法を学ぶ。企業社会系科目と人間コミュニケーション系科目を自己の興味・関心にしたがって履修し、それぞれの専門知識を深める。
  • 3年次:社会学、心理学の諸領域についての知識をより深め、調査・実験の実践的技法を身につける。
  • 4年次:学習の集大成として自分が希望する専門領域について主体的学習を行い、課題探求能力を身につける。

ディプロマ・ポリシー(学位授与に関する方針)

  • 1.社会の諸問題を理解し、その解決に必要な調査や分析の方法を身につけている。
  • 2.社会における自らの課題を探求し、その課題に対して幅広い視野から柔軟かつ総合的な判断を下すことのできる課題探求能力を身につけている。
  • 3.組織や集団において他者との良好な関係を築くために必要なコミュニケーション能力、リーダーシップ能力を身につけている。

健康スポーツ学科

健康スポーツ学科

アドミッション・ポリシー(入学者受け入れ方針)

健康スポーツ学科では、地域社会に暮らす人々が生きがいを持ち、心身ともに健康な生活が維持できるようスポーツを活用した健康増進について学び、健やかな生活を支援する人材を育成します。そのため、健康スポーツ学科では次のような学生を求めています。

  • 1.スポーツと人々の健康に興味や関心のある人
  • 2.運動による健康づくりに関心がある人
  • 3.スポーツ活動を通じた地域づくりに関心がある人
  • 4.健康的な社会づくりに興味や関心がある人

カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成方針・実施方針)

健康スポーツ学科では、地域社会に暮らす人々が生きがいを持ち、心身ともに健康な生活を維持できるようスポーツ科学を活用した健康増進について学び、健やかな生活を支援する人材を育成する。
健康スポーツ学科のカリキュラムの特色は、「学科基礎科目」の上の展開科目として「健康スポーツ系科目」と「健康社会系科目」を置いていることである。
「健康スポーツ系科目」では、スポーツに関連する幅広い教養とそれに関わる幅広い指導方法を習得する科目を開講し、「健康社会系科目」では、健康的な社会のあり方を追求する科目を中心として開講する。

  • 1年次:基礎教養に加え、健康科学と社会科学の基礎的知識を学ぶ。
  • 2年次:ヘルスプロモーションに関わる具体的な知識・技能について学ぶ。
  • 3年次:1、2年次で学習した健康スポーツ、健康社会に関する知識・技術を深化させる。
  • 4年次:学習の集大成として専門性を確立する。

ディプロマ・ポリシー(学位授与に関する方針)

  • 1.健康増進のための活動を指導できるリーダーシップ、対人コミュニケーション能力を身につけている。
  • 2.スポーツ科学を活用した健康増進に関する知識と技術を身につけている。
  • 3.健康な社会づくりの実現に寄与できる社会科学に基づく知識・方法を身につけている。

看護学科

看護学科

アドミッション・ポリシー(入学者受け入れ方針)

  • 1.看護専門職を目指す明確な意志のある人
  • 2.看護を学ぶために必要な基礎学力と理解力を備えた人
  • 3.人に対する関心をもち、人道を重んじ、他者を尊重できる博愛精神の豊かな人
  • 4.主体的に学ぶ姿勢のある人
  • 5.保健・医療・福祉について広く関心がある人
  • 6.地域社会または国際社会への貢献を目指している人

カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成方針・実施方針)

看護学科では、豊かな教養と感性の涵養、人を理解し、人と関わり、科学的思考と確かな技術をもって看護を実践することができる看護の基礎的能力の育成に重点をおき、系統的なカリキュラムを「共通基礎科目」、「専門基礎科目」、「専門科目」の科目区分により編成している。

共通基礎科目: 豊かな教養と感性を養い、自己教育力を育成していくために『大学導入科目』、『教養科目』、『保健体育』の3科目群を配置している。

専門基礎科目: 看護専門職として他者との人間関係を形成する能力を養うために、『人を理解する』、『人と関わる』の2科目群を配置している。

専門科目: 科学的根拠に基づいた看護実践能力を養うために、『看護の基礎を学ぶ』、『対象に応じた看護を学ぶ』、『看護の統合・発展』の3科目群を配置している。『看護の統合・発展』では、本学科の特色の1つである「地域包括ケアを担う保健師・看護師の養成」に向けて、地域包括ケアを実践している実習場所における地域連携統合実習を配置し、看護系の全教員で実習指導ならびに支援に臨む。そして、「災害救護に貢献できる看護専門職」を養成するために、災害看護論等の必修の授業科目や日本赤十字社が認定する資格(赤十字救急法等)が取得できる選択科目を開講する。

<各科目群のねらい>

  • 1.共通基礎教育の『大学導入科目』では、大学における学習を進める上で必要となるスタディスキルを身につけ、生涯にわたる自己教育力を育成するための基盤となる科目を配置する。
  • 2.共通基礎教育の『教養科目』では、人を、豊かな教養と感性に裏付けされた見方によって捉え、理解するための科目を配置する。
  • 3.「専門基礎科目」の『人を理解する』では、人間の身体を構造的・機能的側面から理解し、人間の健康、病的変化やその診断と治療を学ぶための科目を配置する。
  • 4.「専門基礎科目」の『人と関わる』では、人間を心理的な側面から理解し、人と人との関係について学ぶ科目と、人の心理と行動変容について学ぶ科目を配置する。
  • 5.「専門科目」の『看護の基礎を学ぶ』では、看護とは何かを自ら考え、確かな知識と技術を身につけ、倫理的な看護を実践する力、よりよい看護を探究する力と科学的思考力を育成するための科目を配置する。
  • 6.「専門科目」の『対象に応じた看護を学ぶ』では、各領域の概論と並行して、「対象が生きる」、「対象が生活する」という機能的な視点で、ヘルスアセスメントを用いて、対象のニーズを的確に把握し、科学的根拠に基づいた看護を実践するための理論や方法、ならびに援助技術を学ぶ科目を配置する。
  • 7.「専門科目」の『看護の統合・発展』では、地域で他の専門職と協働しながら看護を実践するための方法を学ぶ科目、国際的な視野を身につけるための科目を配置する。
  • 8.「専門科目」の『看護の統合・発展』では、「人材養成の方針」の「災害救護に貢献できる看護専門職」を養成するための知識・技術・態度を身につけるために災害看護・救護に必要な科目を配置する。
  • 9.対象のニーズを的確に捉え、科学的思考と確かな技術をもって看護を実践することができる看護専門職を育成するために、4 年間を通して、学習レベルに応じた看護学実習を段階的に実施する。
  • 10.修得した知識・技術や科学的思考を統合し、問題の解決と創造的な看護を考案していく能力や姿勢を育成するために、看護研究Ⅰ・Ⅱを必修とし、個別に丁寧な指導を行う。
  • 11.「人材養成の方針」の「保健・医療・福祉の専門職との協働関係の重要性を認識し、チームの一員として医療に貢献できる看護専門職」の、主に保健業務を担う保健師を養成するために、選択制で保健師国家試験の受験資格を取得するための教育科目を配置する。

ディプロマ・ポリシー(学位授与に関する方針)

看護学科は、個々の学生が自立し、人に対する関心をもち、人に対する理解に努め、保健・医療・福祉に関する以下の知識および能力を得た者に学位を与える。

  • 1.平等に個人の人格を守り、看護の対象を理解するための知性と感性を身につけ、他者との関係を形成する能力を身につけている。
  • 2.疾病・障がい・災害などにより危機的状況に陥った人々の、ニーズに応じた看護を実践するための基礎的能力を身につけている。
  • 3.保健・医療・福祉のそれぞれの領域における看護専門職の役割を理解し、看護を実践するための基礎的能力を身につけている。
  • 4.保健・医療・福祉の専門職ならびに地域との連携を図り、シームレスかつ創造的な保健・医療・福祉サービスを提供するための基礎的能力を身につけている。
  • 5.国際的・学際的感覚を身につけ、変化する社会に順応し、看護を通して社会貢献するための基礎的能力を身につけている。
  • 6.個人としての成長と看護専門職としての向上を目指し、看護の実践・教育・研究における自己教育力を身につけている。

保育学科

保育学科

アドミッション・ポリシー(入学者受け入れ方針)

保育学科では、保育・幼児教育の専門的な知識や技術を学び、将来、保育士や幼稚園教諭として社会に貢献できる人材を育成します。そのため、保育学科では次のような学生を求めます。

  • 1.将来、保育士・幼稚園教諭として働くことに熱意と意欲をもつ人。
  • 2.相手の立場を尊重し、積極的に人と関わろうとする人。
  • 3.子どもや他人の幸福に配慮し、その実現のために尽力しようとする人。
  • 4.これまでの学業に積極的に取り組み、学び続ける意欲と向上心をもつ人。

カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成方針・実施方針)

保育学科は、ディプロマ・ポリシーに対応したカリキュラム・ポリシーを次のように定めている。
保育学科は、本学の建学の精神「愛と真理」を学び、地域や保育現場で子どもの教育や福祉に貢献できる質の高い人材の育成を目指している。そのために、本学独自の宗教関係の科目と、幼稚園教諭二種免許の取得のための科目群を基本とした教育課程を編成している。加えて、保育士資格が取得できるようにしている。

  • 1.基礎教育科目では、社会人としての知識や技能を育てるための科目を編成・実施している。
  • 2.専門教育科目では、保育者としての知識や技能、判断力を育てるための科目を編成・実施している。
  • 3.実習関係科目が他の科目と効果的な学習となるように、全科目の開講時期を検討しながら編成・実施している。
  • 4.1年次には、教育・福祉の基礎に関する考え方や基礎的な表現技術を習得し、各種の実習に臨めるように編成・実施している。2年次には実習経験を踏まえ、より実践的な能力の育ちを目指した科目を編成・実施している。

ディプロマ・ポリシー(学位授与に関する方針)

  • 1.キリスト教的ヒューマニズムと建学の精神「愛と真理」に基づき、誠実・高邁・奉仕の態度を身につけている。
  • 2.子どもの発達や保育の内容など、保育者に必要な専門的知識を習得している。
  • 3.音楽や体育、図画工作など、保育者に必要な表現技術を身につけている。
  • 4.子どもや保護者の状況を的確に判断し、問題解決に向けた最善の支援策を考え出すことができる。
  • 5.積極的に社会と関わり、自ら学ぶ意欲を有する。

学習成果

  • 1.キリスト教的ヒューマニズムと建学の精神「愛と真理」に基づき、地域や社会に貢献できる社会性を身につけている。
  • 2.語学、スポーツ、法律、保健などについての知識と技能を習得し、それらを社会生活に役立てる態度を身につけている。
  • 3.教育や福祉、子どもの学習行動、保育内容などについて専門的知識を習得し、保育現場で子どもの表現活動を育てる表現技術を身につけている。
  • 4.子どもの発達過程に応じた計画・実践・評価ができる指導力と共に、子どもの発達及び保護者の相談に対応できる能力を備えている。
  • 5.意欲的に学習し、社会に関わるための免許・資格を取得する。
PAGETOP